2012年08月23日

ハリケーン リアフェンダーレスキット

さて、リアのフェンダーレス化です。

ショートフェンダーもカッコいいんですが、将来スカチューンした時、
アルミ切板でインナーフェンダーを作ろうと思ってましたので、
同じアルミ製の物をえらびました。

IMG_0163_R.JPG
右からウインカーステー、フェンダーレスキット、ビードプロテクター、タイヤ。
なぜこの順番で並べたんだろう・・・。
タイヤ交換の後にやろうと思ってたんですけどね。

まず現状のフェンダーです。
IMG_0156_R.JPGIMG_0158_R.JPG
かなり大きいです。リフレクターも2個装備!

で、取り付け後。
IMG_0172_R.JPGIMG_0171_R.JPG


どうでしょう?かなりすっきりしました。
タンデムバーも取っ払いましたんで、さらにすっきりです。
シートは純正のままなので、取り付け位置は一番後ろにしてあります。
前後位置に関しましては、大体5cmぐらい、前後に移動できるんで、
セミダブル等の社外シートでも対応してくれそうです。
ブレーキランプ形状もミニ2灯やキャッツアイ。あとルーカスのLEDもあります。


少し残念なのは、左右3箇所づつ固定するのですが、一番大きくて目立つボルトナットが
ユニクロメッキでした。他はチョッと見た目の良いヘキサゴンボルトを使用してます。
ここはホームセンターでステンレスボルトを用意するしかないですね。

純正フェンダーから、純正インナーフェンダーまではつながっていましたが、
当然、フェンダーレスはインナーフェンダーまで届きません。
純正シート裏にある書類入れが、下から覗き込むと丸見えにwww

見た目的にも満足ですし、かなりの軽量化になると思います。
純正フェンダーは結構重いですからねー。

あと、ナンバープレートの角度は構造上、変更できません。
写真で見ると判ると思いますが、結構立ってます。後ろからはモロ見えです。
いや…、だからって悪い訳ではないですけどね。ほんとに。

気になる方は、ナイトロヘッズ製とかはどうでしょう。
かなり寝てると思いますし、こちらは無理やり曲げる事も出来ると思いますwww

後日、ナンバープレートホルダーを追加装備しました。
SRは振動でナンバープレートが割れるらしいですwww




ハリケーン リアフェンダーレスキットの付属品は、
本体(アルミ曲げ加工品)
ブレーキランプ(球付き)
取り付けステー(スチール・ユニクロメッキ)
各種ボルト・ナット
配線まとめるジャバラ 1本
タイラップ2本
配線はギボシ端子つき。純正を端子から引っこ抜いて差し替えるだけです。
因みにkatsuは、配線間違って、ヒューズ一個パーにしました。(恥)
マニュアルに配線方法も載っているので、マニュアルはちゃんと見よう!!

ボルトの事が多少残念ではありますが、その他が行き届きすぎwww
さすがはハリケーーーン!!って感じです。



IMG_0179_R.JPG






posted by katsu at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

ウインカー移設

SR400の純正ウインカーは、ヘッドライトブラケットについています。

IMG_0195_R.JPG

純正ウインカーはサイズが大きいので、この位置でも映えるんですが、
前オーナーが小さいタイプのウインカーに交換してましたので、
少しでも見栄えを良くしようと、ステム横へ移設してみました。



今回用意したのは、キジマ製のウインカーステー

IMG_0194_R.JPG

結構どのメーカーも形は似たようなもんです。
これが数百円安かったので、キジマにしました。

まずは、配線の取り回しを変えるため、ヘッドライトのレンズを外します。

IMG_0196_R.JPG

ぐはっ!汚なっ!
と思わずwww
錆びだらけだわ、蜘蛛の巣張ってるわです。
どないしょ・・・。





放置!


どうせルーカスタイプに変えるんです。ココは黙って見過ごしてやりましょうwww

ウィンカーもええ加減傷だらけなんで、交換したいのですが、まだどんな形にしようか
決めかねているので、少し磨いてそのまま使います。

で、今回試しに購入してみました

IMG_0198_R.JPG


呉工業 CRC スーパー!ラスト!ガード!


もう商品名に惹かれて即買いでしたよ。
この先、呉工業さんはこれより高性能な商品を開発した時に、
どんな商品名を付けるのか楽しみですw
あ、仕上げって意味のラストなんかな?








さておき。





早速使ってみました。

IMG_0199_R.JPG

・・・


これ、あんまり良くないです。


何か、トロっとしてるんです。


色がでろっって感じで。


乾たら透明になるのですが、触るとぬちゃっとしてます。
大事なパーツに塗るのはお控えになったほうが宜しいかと・・・。

ま、あれです。
たぶん用法・用途を間違ってるんですよ。なんせ衝動買いですからwww


とにかく、作業の方は順調に進み、

IMG_0200_R.JPG

この向きで付きます。



IMG_0201_R.JPG


まー完全見た目カスタムなんで。でもこっちの方がカッコイイですね。



もとウインカーがついていた、ヘッドライトのブラケットは
大穴が開いてしまっているので、これも近いうちに交換します。














posted by katsu at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

シムズクラフト トラディショナルメガホンマフラー



さて、バイク5大カスタムのひとつ、マフラー交換です。
(他の4つはまた後日www)

マフラー選びは結構あっさり決まりました。
形はメガホン・コンチ・トランペットで物色。

ペイトンプレイス製のコンチマフラーが形も好きでしたが、
かなりの爆音らしく断念。
JMCA対応品も検討しましたが、こちらは大変お高いお値段に。

若い頃ならJMCA非対応コンチ一択でしたが、もはや中年の身…。
苦情でバイク止める所が無くなるとチョー困るので断念です。

で、何の気なしにwebikeで見つけた

Sym’z Craft
手曲げエキゾーストパイプ+トラディショナルメガホンマフラーセット


です。

ほんとにもう何処のブログや商品レビューを見ても高評価のみです。
見た目はほぼ純正マフラーと変わりありません。
音量も静か過ぎずウルサ過ぎず、非常にジェントルだと。

しかも、シムズクラフトさんは大阪府豊中市にあるパーツ屋さん。
同郷のよしみwという勝手な親近感を持ち、選ばざるをえない事となりましたwww

直接買いに行っても良かったのですが、時間がない事もあり、
ネットで注文しました。納期約半月です。


webike担当 藤野玲子さんからのラヴメール(発送しましたメールとも言う)を待ち続け、
やっと届いたジェントルでトラディショナルなマフラーです。
トラディショナル=「伝統的な」の意。モノまたはファッションを対象として使われることが多い。
例:トラディショナルスタイル、トラディショナルジャズ

IMG_0205_R.JPG

エキパイ、マフラー、後小物類は左から
エキパイ取り付けフランジ
ステンレスバンド
センタースタンドストッパー
控えめなシムズクラフトステッカー2枚
取り扱い説明書

です。

エキパイ、マフラーは期待どうりで非常に美しい物です。
あと、でかでかとロゴが入ったりしていないのが嬉しいです。

バイクのパーツに限らず、服とかでもそうですが、
押し付けがましくロゴが入っているのがあまり好みではないので。


さて、さっそく取り付け。

と、いきたっかたのですが、品物が届いたのが月曜日。
なので次の日曜日までおあずけorz










posted by katsu at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

シムズクラフト トラディショナルメガホンマフラー2



先日紹介しました、トラディショナルメガホンマフラーの取り付けです。

一応、マニュアルが付属しますが、非常にざっくりなマニュアルです。
取り扱い説明書と言ったほうが正しいかも知れません。

純正マフラーを取り外します。

クリアランスを調整しながら、本マフラーを取り付けます。

みたいなノリで書いてますので(すいませんココまで酷くは無いです。)
初心者の方はあまりアテになさらない方がいいでしょう。

ではさっそく。

まずは純正マフラーを取り付けている”5箇所”
ボルトナットを外します。


IMG_0210_R.JPG
まずはエキパイとマフラーを繋ぐバンドを緩める。

写真でわかると思いますが。ボルト頭がくっちゃくちゃ錆びてます。
手持ちの工具では緩まなかったので、ジョイントしたまま外しました。


IMG_0209_R.JPG
次はチャンバーをとめているヘキサゴンボルト。
シフトペダル側から見ると分かりやすいと思います。


IMG_0207_R.JPG
次にタンデムステップとの共締めボルト。
このボルトは緩めると、タンデムステップがフリーになって
マフラーにコン!と当たります。
取り付けの際、新しいマフラーに傷を付けない様に気をつけてください。

これでサイレンサー部分が後ろ方向に抜けるはずです。
サイレンサーのみの交換でしたら、取り外しはココまでです。



ここからは、エキパイの取り外しです。

IMG_0211_R.JPG
先ほど外したサイレンサーとの接合部分、
緩めたバンドの裏側にあるボルト・ナットを緩める
(外してしまうとエキパイの重量がすべてエンジン側のフランジに掛かってしまう為)

IMG_0206_R.JPG
最後にフランジのヘキサゴンナット?ボルト?を外します。

エキパイを手で支えて、先ほど緩めるだけにしたボルト・ナットを外します。

IMG_0213_R.JPG
無事に外れました。
katsuは分割できなかったため、丸々引っこ抜いていますwww

ココでもう一度、先ほどチェンジペダル側から外したチャンバーの固定箇所を
今度はブレーキペダル側から覗きます。

IMG_0215_R.JPG
ベータピンでとまっているプラプラした物。これはもう不要なので取り外し、
代わりにセンタースタンドストッパーを取り付けます。

ココで注意!
付属のストッパーには、ゴムが付いていません。
取り外した純正マフラーに”戸あたりゴム”の様な物がついていますので、
これを流用します。
やってみると分かると思うんですが、これがまた入んないんだわwww
katsuは‘笠’の部分を少し切って入りやすくしました。

IMG_0218_R.JPG
ストッパー取り付け完了です。

次にエンジン排気口にある純正ガスケットを取るのですが…。
ガスケットが無い。んなバカな。
何処に有るんやろ…と思いながら、排気口に付着したカーボンをウエスでゴシゴシ。




ポロっ

IMG_0212_R.JPG

て転がり落ちましたwww
ほんとは癒着して大変らしいんですがねwww






次へ続きます。



posted by katsu at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

シムズクラフト トラディショナルメガホンマフラー3



いよいよ取り付けです。

まずは事前に用意していた新品のガスケット。
IMG_0243_R.JPG
RSタイチでごらんのように525円でした。2個セットです。

純正より径が小さいので、ポロリと落ちます。
ガスケットを排気ポート側に入れて、サッとエキパイで押えますw
少々テクニックが必要ですwww

IMG_0220_R.JPG
フランジの取り付けはこの向きだと思います。
ここでも、フランジのナットは仮締め状態で。


次に、サイレンサーへ先ほど外した純正のマフラーステーを取り付けます。
IMG_0222_R.JPG
ブレーキペダルとのクリアランスを出来るだけ取れるように、
サイレンサーをなるべく後ろへずらして固定。

後はエキパイ・サイレンサーの固定部分のステンレスバンドを締め込み、
フランジ⇒サイレンサーの順にきっちりと増し締めします。

取り付けが完了したら、試しにエンジンを掛け、排気漏れ等々が無いか確認します。

バイクの個体差や製品にも多少の誤差は有ると思います。
katsuの場合は、ブレーキペダルにサイレンサーが干渉し、ブレーキが踏み込めない状態でした。

また、タンデムステップを取っ払うと、M12ボルトが長過ぎてスイングアーム側に
かなり飛び出す事になります。少々気になる状態ですので

IMG_0244_RR.JPG
このように各所にスペーサーを噛ましました。

t7mmスペーサーは以前仕事で作った商品のあまりです。タンデムステップの代わりにしています。
このM12ボルトはネジピッチが細目(確かP1.25だと)なので、普通のホームセンターには売っていません。
会社で作っても良かったのですが、めんどくさいんでスペーサーでゴマカシwww

M8ボルトは、もともとM10ボルトが入るのですが、M8に変えて、バカ穴の遊び分
サイレンサーを後ろへずらして固定しました。

これでどうにか純正の時と同じ踏みしろを確保できました。


IMG_0238_R.JPG

無事に取り付け完了!

さて、気になる排気音はと言いますと、アイドリング回転数から3000rpmあたりまで
非常に野太い音を出してくれます。それ以上まわすと静かになる??
メカノイズのほうが、排気音を上回るような感じです。
ですが、大満足です。街乗りではそんなに回転上げませんしね。
低い回転数の野太い低音が、単気筒の醍醐味だと思うんです。


今回キャブはノーマルセットのままですが、ごくたまにアフターファイヤーが出るくらい。
もう少し濃くしてもいいかな?ぐらいです。
エアフィルターを交換した時に、セット地獄に嵌ってみようかと思いますwww

IMG_0241_R.JPG
アイドリング暖気で見る見る焼けていきます。


IMG_0239_R.JPG
スタイリングも抜群!

ま、走りに関しましては、やはり若干トルクが抜けてしまったように感じます。
後々のセッティング次第ですかね。

なんにせよ、手曲げエキパイ、美麗サイレンサーがセットでこの価格だと、
非の打ちようが無いと思います。
ノーマルルックが好きな方は、ぜひご一考を!




posted by katsu at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。