2013年01月30日

チェーン 520コンバート



先日の記事でもチラ見せしましたが、チェーンサイズを428から520へコンバートしました。



*コンバートとは
形式などを変換すること コンピュータやコンピュータゲームで、ファイルやディスク等のデータ形式を変換すること。
映像のコンバート - 映像の画面サイズを変換したり、画面解像度・走査線数を増やす、または減らす処理。

状態を変換すること コンバート (野球) - 野球などの団体スポーツで、ポジションを変更すること。




要はドライブチェーンを頑丈なサイズに変更します。



428サイズとは本来、50ccのミッションバイクに使われるようなサイズで、
400ccのバイクとなると、520サイズや530が適当のようです。

もちろん、メーカーが選択しているサイズですから、走行中に切れる様な事は無い。と思います。

428サイズのメリットとしては、1コマあたりのサイズが小さいので、駆動音が小さく、
かなりの騒音低減になるようです。メーカーとしては苦肉の策なんでしょうか。

今回使用する520サイズは、実際にスプロケットに掛かるローラーの径が大きくなるので、
1コマあたり428に比べると3mm程度大きくなります。
必然的に、コマ数が少なくなり、コストの低減にもつながります。

詳しくはチェーンメーカーのHPを参照してもらうとして(逃

パーツは以下の物を用意しました。

フロントスプロケット:サンスター 333-16
リアスプロケット  :サンスター RY-112-44
DID 520チェーン  :520VX2-110ZB
DID ジョイントリンク :520VX2-FJ
プロツールス チェーンブレーカー
ヤマハ純正パーツ 3点


以上です。

で、

katsuのSRは97年式ですので、フロントスプロケットの333という品番は、間違いです。



2,970円ドブに捨てましたwww


まー使えない事は無いんですが、チェーンラインが1mm程度ずれるようです。
すでに398-16を発注してあるんで、届いたら交換しようと思ってます。



スプロケの歯数は自分で2次減速比を計算した訳ではありません。
他のブログで紹介されていたのを、無断で拝借致しました。


ごめんなさい。


では、作業参ります。

まずは、フロントスプロケットの固定ナットを外すため、
スプロケカバーを外します。

IMG_0452_R.JPG
あぁ、汚いですね。後で掃除しましょう。


スプロケを固定しているナットは32ミリです。でかいですが、何とかコーナンでも
売っているサイズです。
折り曲げてあるロックワッシャーを外し、このナットを緩めます。


バイク屋さんで使う様な、エアーインパクトレンチがあれば気にする事も無いのですが、
インパクトが無い場合、

サイドスタンド立て

ギア1速入れ

バイクにまたがってリアブレーキをかけながら

32ミリのボックスレンチを蹴る!

という流れです。

リアルが充実している方なら、リアブレーキを友人にかけて貰い、
自分はレンチを蹴飛ばす事に集中すると良いでしょう。
後で缶コーヒーでも奢ってあげれば、彼は大変喜ぶと思います。

では、頼める友人が無い場合はどうしましょう。


katsuはたまたま友人の都合が合わなかったので、仕方なく一人で作業していましたので、参考にしてみて下さい。


サイドスタンド立てだと、バイクが傾くので32ミリソケットをナットに差し込んだまま保持できません。
さて、どうしたものか…








IMG_0455_R.JPG
ガムテープしかありませんよねwww

バイクにまたがり、1発で仕留めましたwww
良くジェネレーターに当らなかったもんです。
まったく、無茶しやがる。



フロントスプロケットはそのままに、次はリアホイールを外します。

IMG_0456_R.JPG
あぁ、やっぱり溝入ってる…。


IMG_0457_R.JPG


純正428チェーンはエンドレス状態(ワッカになっている)です。
チェーンカッターでも切れますが、もしものためにスイングアームを外して
エンドレス状態で保管しておきます。
ついでにピボットシャフトの状態も見ておきたかったので。


IMG_0458_R.JPG
よかった、ピボットシャフトは軽く叩いたら抜けてくれました。
このシャフトはSRの弱点で、グリス不足な状態でいると焼きついて固着してしまい
切断しないと解剖できなくなるようです。

以前のオーナーはちゃんとメンテナンスしていてくれたようです。


IMG_0460_R.JPG

では、チェーンを外して、先ほど緩めたフロントスプロケを外しましょう。


IMG_0461_R.JPG

つづいてリアスプロケットの交換です。
ロックワッシャーを倒し、ナットを緩めます。


IMG_0462_R.JPG

スプロケの歯先も大分尖ってきてますね。ちょうど良い交換時期だったと思います。


IMG_0463_R.JPG

ロックワッシャーも新品に交換しましたが、同じ品番でもこんなに形状が違います。
厚みも大分薄くなってますが、ナットを固定する折り曲げ部分が、2面曲げれるようになってます。


IMG_0464_R.JPG

交換完了。
ところで、今回なぜサンスター製のスプロケを選んだかというと、
リアのスプロケが肉抜きしてあったからです。
確かAFAMは肉抜きしていなかったので。
ちなみに、選べる歯数はAFAMの方が幅広いです。

あと、ロックワッシャー系を外すのに、写真にあるような‘タガネ’があると便利です。
ホームセンターで400円ぐらいです。



チェーンの取り付けは、次回に。



posted by katsu at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。