2013年01月19日

フロントフォークオーバーホール+アンコ抜き2




シートのアンコ抜きはさておきwww

フロントフォークに戻ります。

前回の記事はこちら


気泡抜きの為に放置してからすでに4時間あまりが経過しています。
素人工事ならこの辺が限界か…。

ショップなら一日放置したりするようですが。

さて、気泡が落ち着いたと『思ったら』
油面の調整をします。



フォークの油面調整用の器具は、ちゃんとした物が二輪館やRSタイチで売っています。
が、高い。

殆どの方がやっているように、katsuも油面調整器を自作する事にしました。

IMG_0401_R.JPG

『ちょ、油面調整器?ワロタwww』

とかいわれそうですがwww

構成は

φ6ステンレスパイプ
ゴムチューブ
油さし
クリップ


以上です。

要はクリップから下でフォークの上端から油面までの高さを保持し、
余分なオイルを吸い出せれば良いのです。良いはずです。

実際に使ってみました。






IMG_0403_R.JPG

けっこういい感じじゃね?


ボトルを凹ましてからフォークに挿入すると、ゆっくりオイルが上がってきました。

よかった、何とかなりそうだ。
ちなみに油面の高さは純正と同じく、180mmに設定しました。

後は少し力業でトップキャップを仮締めし、元に戻すだけです。

IMG_0411_R.JPG

そうそう、フォークブーツをダストシールに交換しました。
何かすっきりですね。




無事に組み付け終了。
シートもこんな感じになりました。


IMG_0413_R.JPG


IMG_0415_R.JPG



何とか納まりましたかね。
しかし、よく見ると粗があり、少し恥ずかしかったので、
今はシングルシートに交換しました。


フロントフォークのほうは、比較的良くなりました。
停車時に体重を掛けるとフワフワしますが、
走行中はブレーキを掛けても、以前のようにダイブしなくなりました。

今回のオーバーホールでは、オイルの交換のみでしたので、
次回は消耗品やスプリングも交換してみましょう。





posted by katsu at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。