2013年01月19日

フロントフォークオーバーホール+アンコ抜き



新年、明けましておめでとうございます。

しばらく更新が滞っていました。

もう、ね、伝えたい事、たくさんあるんですwww


とりあえず、2013年一発目の更新は

『フロントフォーク・オーバーホール+純正シートアンコ抜き』です!

実際の作業は去年やってたんですけどねw


ブレーキシューをデイトナ製に交換した後、豪快にフロントダイブするようになったので、
フォークオイルの交換をしてみました。
ほんとはスプリングも交換したかったのですが、予算の都合で断念。
また、オイル漏れ等もなかったので、シールもそのままです。


では、張り切って参りましょう。

今回用意したのはこちら。

IMG_0342_R.JPG

KYBフォークオイルG20Sです。
以前交換したレーバー類も写ってます。

特に狙ったわけではないですが、何となく、少し固めの#20を選択しました。


IMG_0389_R.JPG
作業前です。


IMG_0394_R.JPG
センタースタンドを立て、フロントタイヤを外します。



IMG_0390_R.JPG

まずは、バーハンドルを取り外します。
ハンドルの形状は人それぞれですが、katsuの場合、ワイヤー等もはずしました。

フォーク上端にある、黒いゴムキャップを手で外すとデカイヘキサゴンが出てきますので、
これを先に緩めます

他のSRユーザーの方もやってますが、これだけのために17mmのヘキサゴンレンチを買うのは
もったいないので、コーナンにて高ナットを購入し、それを17mmのソケットレンチとあわせて使います。

IMG_0393_R.JPG
高ナットの対辺が17mmになっている物を購入して下さい。

IMG_0397_R.JPG
こう使います。念のためですが、この段階では緩めるだけです。

IMG_0398_R.JPG

後はトップブリッジ1箇所、ステム2箇所を緩め、ブーツの1箇所のビスを外せばフォークが抜けます。












IMG_0399_R.JPG
本体はあられもない姿にwww












IMG_0400_R.JPG

ここでフォークのトップキャップを外します。
このキャップはフォークスプリングのテンションが掛かっているので、
上から押さえつけながら緩めます。
油断してるとトップキャップが外れたときに、バネの力で彼方まで飛んでいってしまいますwww


どえげつなすぎて写真は撮らなかったのですが、どす黒いオイルが出てきました。
おそらく、新車時から一度も交換していなかったんだと思います。

一応、スプリングのヘタリは規定値内で納まっていたのですが、
このオイルを見て交換しなかった事を激しく後悔orz
また折を見て交換します。


パーツクリーナー等で内部を良く洗浄し、良く乾かしてから新しいオイルを投入します。

IMG_0402_R.JPG

計量カップでとりあえず200ml投入。
フォークの内面を伝わせるように、できるだけソロっと入れて気泡ができるのを抑えます。
で、気泡抜けを待つため、このまま放置です。

IMG_0404_R.JPG



その間に純正シートのアンコ抜きをやっちゃいましょう。

何か片手間にやろか〜って感じで書いっちゃってますが、
アンコ抜き初体験です。はたして…。


IMG_0405_R.JPG

まず、シート外してカウルを外します。
おや、何か覚書みたいなのがありますねwww


IMG_0406_R.JPG

2段の段つきのようにしますので、2/3ぐらいめくります。
何か手触り的にしっとりチーズケーキみたいでしたw

IMG_0407_R.JPG
まずは大体で罫書線を入れて…

IMG_0408_R.JPG
ざっくばらんにムシリマスwww

IMG_0409_R.JPG
木工用ノコ、カッター、アラカンなどを駆使して整えます。
整えます。
整えます。











ムズイ…。

全っ然整わない!

高さを揃える為にどんどん削ってどんどんシート高が低くなっていきますwww

最終的に座面がボッコリ窪んでしまいましたwww
IMG_0410_R.JPG







どうなることやら…

で、つづく




posted by katsu at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。