2012年08月27日

やっちまった…。

先日お伝えした、ダイヤフラムカバーのひび割れですが、ひょんな事から急展開です。

昼休みにダイヤフラムカバーをはずして、ヒビの部分を瞬間接着剤で補強しようと思い、
ドライバーもって、カバーを取り外しに行きました。

ビス3本で留まっていますが、最後の一本を外すとき、「ぴょん」とカバーが跳ね、
クランクケースの上に落ちたのです。

特に気にせず、拾って補修を済ませ、元に戻しました。
そのままエンジンかけずに昼休み終了。




会社から出るとき、いつもどうりに儀式をえて始動。
「ちょいアイドリング不安定やな…」と思っているうちにエンジンストール。

「?????」

「ヒビから余計なエア入ってて、キャブのセッティング狂ったんかな??」
その後、エンジンはかかるが、マフラーからは黒煙がモクモクと(滝汗)

あわてて購入したショップ『ノーチラス』さんへ電話し、すぐ見てもらえる事に。

幸いアイドルスクリューを高めに設定すれば、
エンジンは止まることが無かったので、自走でショップまで。

ノーチラス到着後、ダイヤフラムカバーを外した事を伝えると…




ノーチラスさん 「んじゃ、チョッとカバー取って見ますね。」



私 「お願いします(暑いのと冷や汗でダクダク)」




ノーチラスさん 「あれ?」

私 「えっ?」




ノーチラスさん 「ココにバネ入ってませんでした?」








私 「おっ!?えっ!?」





『あれか!あの時か!!』

そうです、カバーとダイアフラムの間にスプリングが入っている事を知らなかったのです。
なんとお恥ずかしい!
カバー外したときに落ちたんですね。





ノーチラスさんにスプリングの在庫があったので取り付けてもらい、
ついでにカバーも新品に換えてもらいました。

しかもまだ納車間もないんで、お代は結構ですと男前な事をおっしゃってくれるもんですから、
今度なんかパーツ注文しようと思いましたよ。



明日会社で落ちたバネ探してみよう…。






posted by katsu at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。