2012年10月28日

シムズクラフト トラディショナルメガホンマフラー4



このブログを立ち上げてから2ヶ月程になりますが、
相変わらずアクセス数はさっぱりですw


ですが、こんなショボイブログでも、わざわざブックマーク
してくださる方もいて、大変励みになっております。
いつも有難うございます。
街で見かけたら、気軽に声掛けて下さい。

さて、アクセス数の話を冒頭に致しましたが、
履歴をみますと、結構シムズクラフトさんのメガホンマフラー関連で
検索して頂いている方も多いようです。

マフラーとて安い買い物ではないですから、かなり色々調べますよね。
katsuもマフラー決めるまではそうでした。

で、思ったんです。

起:これからマフラーを選ぶ方が、トラディショナルメガホンに興味を持つ。



承:ネットで検索して、このサイトを見る。



転:『何だココ、たいした事書いてねーな』と見切りをつける。



結:見切られている事を知らないkatsuは、寂しい独り言を続ける。

おお、恐ろしい事です。



すいません、前置きが長くなりました。
katsuの精一杯では有りますが、動画を一本用意しました。

これはガレージで録音した、メガホンマフラーの排気音です。




もちろん、視聴環境によって音質は変わりますが、
一応、ノーエフェクトでアップしています。

なんとなくですが、ヘリコプターの排気音に似ていますでしょうか。
直管のバタバタ音をそのまま音量下げた感じ。
(ヘリが直管かどうかは知りませんがwww)

朝7時50分ぐらいにマンション前で5分ほど暖機していますが、
今のとこ、近所から苦情は来ていません。
その程度の音量です。

一度、ペイトンプレイスのコンチ非公認verと並走しましたが、
完全にこちらは音量負けしていました。

ま、勝ち負けでは無いですけどね。



この動画が皆様にとって、マフラー購入の助けになれば幸いです。





posted by katsu at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

デイトナ ブレーキシュー交換(リア用)



メンテナンス祭り第2.5回

前回に引き続きブレーキシューの交換。
今回はリアブレーキシュー側です。

SRマスターブックの指示に従い、順調にバラします。

IMG_0322_R.JPG

フロントよりブレーキダストが酷いような気がしますが…。
原因は…



IMG_0323_R.JPG

なんだこの溝!

ブレーキ内に何か異物が入って引きずったんでしょうか?
もちろん、ハブ側も…

IMG_0324_R.JPG

ちょ、マジかよ。

写真では少し分かりにくいんですが、手で触ってガタガタです。
当然、シューの溝が当たるあたりには凸があります。

これはいったい何が原因なんでしょう?
異物混入ならハブ側も凹んでると思いますし…。

純正ブレーキシューはアスベスト云々の関係で、初期の物より
素材が変わったと聞きましたが…、それが原因なら、
とうにリコール対象になってそうですし。

とりあえずサンドペーパーで気持ち程度慣らして組みました。

痛いなー。リアハブ交換ってなると高くつくなー。



もちろん、初動で当たりはまったく出ず。
2週間程で当たりの方は出てきて落ち着きましたが、ブレーキペダルを1ノッチ上げて取り付けた為、
リアブレーキ掛けたとき、ブレーキランプが点灯しません。

これも早急に組みなおさなければ…。


新しいシューも溝入ってんだろーなー。



posted by katsu at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

デイトナ ブレーキシュー交換(フロント用)


メンテナンス祭り第2回

今回はフロントブレーキシューの交換です。

IMG_0315_R.JPG

webikeの画像では青ですが、物はゴールドでした。

特に効きがヤバいとか、鳴きが酷いとか言う事は無かったのですが、
一度、消耗品関係はゼロにリセットしたい。という気持ちからの交換です。

レビューでもデイトナ製のブレーキシューは効きが秀逸だ!との声も多かったので、
お試しでという意味も含みます。
純正の効きに不満が無いと言えば嘘になりますのでwww


まずはフロントから。
以前タイヤ交換の際にフロントホイールの脱着は経験済みですので、
とどこおり無く作業は進みます。

が、

ばらす前に写真を撮っておいた方が良いでしょう。
というのも、各部グリスアップや清掃の際、かなりばらばらにしますので、
ブレーキアームの角度やらなにやら、元がどうだったのか分からなくなってしまいます。


あと、サービスマニュアルがあれば問題ないでしょうが、katsuが用意したのは、
SRマスターブックです。この書籍は、SR納車前に本屋さんで発見して衝動買いしたものです。

SRカスタムの老舗、AAA(スリーエー)の職人さんが作業を担当したカリスマ書籍なのですが、
ここに載っているSRは2001年式以降の型のようで、フロントがディスクブレーキなんです。
フロントブレーキ関連ではまったく役に立たなくて・・・。
もう何回ばらして組み立てたか・・・。

ともあれ、フロントホイールのブレーキ部分をバラしてみます。

IMG_0316_R.JPG
大方の予想どうり、ブレーキダストでかなり汚れています。

で、シュー残量の確認ですが…
IMG_0317_R.JPG

ほとんど減ってないorz

前オーナーがいつ交換したかは分かりませんが、ほんとに減ってないですねぇ。
ま、純正は予備でおいといて、デイトナ製に交換します。

エアダスターやパーツクリーナーを駆使して清掃。
稼動部分は♯600ぐらいのヤスリをかけ、しっかりグリスアップします。

因みに、katsuはグリスの種類について詳しくありません。
今ガレージにあるグリスは、CRCのモリブテングリーススプレーと
半練りのリチウムグリスです。
リチウム系は耐熱、耐水にすぐれた万能系と言う事なので、
ほとんどこのグリスを使用しています。(どなたか間違いあったら指摘してください)


元の作業に戻り、
新しいブレーキシューのカドの部分を軽くヤスリ掛けし、滑らかにします。
この作業は、ブレーキを掛けた際に出るキーという鳴きを防ぐ為ですが、
ほんの少し整えるだけでよいかと思います。
katsuは交換後、鳴きは発生していません。

IMG_0318_R.JPG

綺麗になりました。
シューの取り付け方向は『3HT-00』と刻印のある方を、表向きにセットしました。

あと、ブレーキシューの取り外し、取り付け時には、必ず作業用グローブを着用して下さい。
結構バネが強いので、挟まれると血豆必至ですw

さて、装着後の調整ですが、SRのフロントドラムブレーキは、
ツーリーディング方式といって云々…

要は、2枚のシューが均等に当たらないと、制動力を発揮できないんですwww
一般的には同期を取るとか当たりを出すとか表現されています。

ショップでお客さんのバイクを作業した場合、2枚のシューの同期を取る為、
シューにチョークを塗って、取り付けて少し走る。
ばらしてあたっている部分をヤスリで削り、取り付けて走る。
を繰り返して当たりを出すらしいですが…。



そんな手間のかかる事、私では無理ですwww
で、取った方法が、


当たりはいつか出る!!です。



交換当時はブレーキレバーが底付きして全然効きませんでしたが、
いつもより、ゆっくり走って通勤し、徐々にワイヤーの引っ張りで調整します。
1週間後に様子見でバラすと、綺麗に全面当たってましたwww
この方法は、少し危険を伴いますのでお勧めはしませんが。


当然、フロントとリアを同時に交換してしまうとそれだけ危険度が増します。
自己責任でお願い致しますwww





では、肝心のデイトナ製ブレーキシューですが、
初動からかなりガツンときます。純正とは雲泥の差だと実感しました。

katsuのSRはフロントフォークのメンテナンスはまだしていない為、
フニャフニャなんですが、ブレーキ少し掛けるだけで、ずぼっとフォークが沈みます。
実はこれ、非常に疲れるorz

一つ明るくなると、どこか暗くなりますねwww

とにかく、効きには満足で、後は耐久性ですが、それはまた1年後のお話。


IMG_0330_R.JPG








posted by katsu at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

ハリケーン フラット1型ハンドル


先日取り付けました、アルミパイプ流用のバーハンドルですが…

乗ってると何故か左肘が痺れてくるという怪奇現象wに見舞われた為、
急遽交換しました。

IMG_0302_R.JPG

ハリケーン フラット1型ハンドル φ7/8インチ
MAD MAX   ハンドルバーエンド 丸型タイプ
キジマ   NICEグリップ オープンエンドタイプ

前回の真一文字と違い、約18°の絞り角が付いています。
ショップによっては、ホンダ GB250クラブマン用と表記ありますが、
パイプ径が7/8の為、問題ありません。

取り付けですが、絞り角分を下げて取り付けた為、前回より
更に上体が前傾しました。
もともとレプリカに乗っていたので、アップハンドルより
こちらの方が、低速走行時のフラツキが激減です。
やっぱり慣れってあるんですね。


IMG_0327_R.JPG

IMG_0313_R.JPG


問題は…








IMG_0314_R.JPG

必殺!デコンプ干渉ですwww

セパハンでもないのにハンドルストッパー導入とかwww

今はデコンプレバー移設の方向で考えてます。







IMG_0328_R.JPG


IMG_0326_R.JPG

バーハンでも結構カフェっぽくなりますねぇ。
わりと気に入っていますwww







続きがあります。
posted by katsu at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

先日のパンク。その後…。





c107.gif

これが刺さってましたwww

鉄工用のピアスビス4×10です。


帰宅前に気づいたので、とりあえず、会社の駐車場に放置。

翌日、近くの『ヒストリー〜〜〜〜』という旧車っぽいのを扱っているところが休みだったので、
少し離れた修理屋さんに電話。

しかし、今日は他の修理で手いっぱいと断られました。
ま、狭い店で一人で作業しているので仕方ないかな…と思いました。
でも、パンク修理ぐらい、バイク屋なら2〜30分もかからんやろうに…。



昼過ぎに『ヒストリー〜〜〜〜』を覗いてみると、どうやら営業している様子。
とりあえず、オーナーにSRのパンク修理をお願いしたい旨を伝えると、快く…








『SRってチューブですよねぇ。うちチューブはちょっと〜、やってないんですよ〜』









バイク屋なんざやめちまえ!!!


ほんまに…、これやから道楽でやってるバイク屋は…。

昔、ツレのドラッグスターがパンクしたとき、近くにあった原チャリしか売ってないような
バイク屋のおっちゃんでも引き受けてくれたぞ!
バラしにくさにブツブツとヤマハに文句言いながら。







そんなこんなで、藁にもすがる思いで買ったのが、


IMG_0325_R.JPG

Holts タイヤウェルド(中)軽自動車から1800cc用です。


チューブレスしか抑えられないと思っていたのですが、
チューブでも何とかなるようです。






結果、バシッと穴埋めしてくれました。
家まで帰れれば良いと思いつつ、すでに半月が経過していますwww
エア抜けは、最初のうちだけ僅かに減っていましたが、
今はどうという事もないです。



これでバイク屋要らずwww



ただ、チューブの中に液体ゴムを撒き散らすので、
中がどうなっているのか多少不安ですが…。



とにかくこれは便利です。
もう1サイズ小さい缶を黒に塗装して、フレームにぶら下げておこうかなwww




IMG_0301_R.JPG
posted by katsu at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。